星の海に沈む

ゲームとか世間話

彼氏なんて欲しくない

これ!

 

いや、彼氏は欲しかったです。

でも頭で描いてるようにはいかないのが現実だよね…

 

彼氏つくりたいなーと思って、アプリに登録してみました。

自己紹介かいて、いざ!探すぞ!みたいなときはめちゃくちゃ楽しかったんですが…

 

相手のプロフィールとかみて選んでいくのが本当にめんどくさくて…

いくら頑張って選んでも、チャット始めた瞬間アウトー!ってなることも多いんですよ

だんだん虚無感に襲われてきて、こんなことしてるならゲームしたりアニメみたりしたいな~みたいな…

 

「いい人が居れば彼氏ほし~な」レベルの人ではなくて、「とにかく彼氏が欲しい!!!」という人がやるべきものに手を出してしまったみたいです

 

もともと、限られたコミュニティーの中で(ある意味で)妥協して、彼氏作るのってもったいなくないかな?と思っていました。

例えば、大学で一番モテるA君がいるとする。A君のことが大好きならもちろんいいと思う。でも、彼氏が欲しい→A君が一番理想に近いかも?という、ある意味で大海を知らない蛙ゆえの勘違いがあるかもしれないと思っていました。他大のB君の方が実は理想に近いのに、出会わないままA君と付き合うのは、手近な場所で妥協しているだけでは?…と

 

こんなことを考えるの、たいして大学の男子ともめちゃくちゃ仲いいわけじゃないから彼らのすべてを知ってるわけじゃないし、超失礼ですよね、ごめんなさい

 

こんなことを考えていたら、スキーマっていう概念に思い当たりました。ざっくりいうと脳が膨大な情報を処理するために、情報をカテゴリー化するみたいなことだと思います。そして、私たちはグループに所属することで自分たちも”カテゴリー化”しているのかな、という考えに至りました。

 

 

70億もの人が居ると、その中で一人一人を精査して彼氏を探していたら、一生が終わってしまいます。

だから、人種、故郷、学校、趣味など人は自分をカテゴリーの中に入れることで、選択肢を検討可能な数まで減らしていきます。

膨大な情報を処理するためにカテゴリーに情報を割り当てる脳の処理のように、自分たちもカテゴリーの中に入ることで「相手を見つける」処理を単純にしているんじゃないかな、ってことです。書いてて意味わかんなくなってきてしまった

 

マッチングアプリは、この逆です。いろんなカテゴリーを飛び越えて、人が出会えるようにしたものです。だから処理が膨大になります、めんどくさがりの自分には疲れてしまいます笑

 

井の中の蛙でいることを嫌って大海での出会いに憧れていましたが、海は広大すぎて、結局自分に考え方が似た人、金銭感覚の近い人などが自然と集まっていた井戸の中が一番心地がよく、最適の相手も見つかりやすいのかなと思いました。心折れるの早すぎますね笑

 

現実で知り合いの人って、少し合わなかったり喧嘩したりしても、繋がりは続いて行くんですよね。でも、アプリだと、一つ何かが合わないと「もー無理かも」って思ってしまう。上手くいく見込みみたいなものが全然読めないから、いつも「また上手くいかないかもな」って思いながらやっていてフラストレーションがすごい。

それに、登録者はたくさんいるから、次に行けばうまくいくかもしれないって思って、一人に固執する意味があまりない。だから、個人に対して執着しない。切り捨てられてくカードみたいです。会うのだって怖い。でも、連絡もマメじゃないし、永遠に自己紹介しなきゃいけないのもきっついなあって思います。

 

自分はそこまで彼氏ほしいわけじゃないんかなあと考えてしまいます。彼氏は、私にとっての当たればラッキーな棒みたいなもので、棒を探して歩いてるわけじゃないんです。オタクはそんな暇ないんです。いつもやりたいことと、しなきゃいけないことに折り合いをつけるので忙しい。

それに、多分今でも「現実で出会いたい」と思ってるんですよね。なんかこう、偶然性に神秘的なものを感じるのが女の子は好きじゃないですか。(少なくとも自分はそう) 

 

 

今後は、マッチングアプリはゆる~くやりつつ、現実世界でのつながり(井戸の中)を大切に良い出会いがあればな~くらいの気持ちでやっていこうと思います。もっと外に働きかけないとダメだな~!ってか異性と話すのって本当疲れますね。女の子は大抵同性の方が好きって話聞きますけど、あながち間違いじゃないかもな~と感じてます。

 

 

(まあ、2次元の男は顔もシンメトリーで何でもできるチートが多いし、そこに夢を見続けてきてる女なんで、男からしてもノクトばりに「つれえわ…」となってしまうと思うんですが…ごめんなさい。整った顔とチート男子は大好物です。だから彼氏できないのか~ですよね爆笑)

6/8

よかったこと

・ゼミで卒論でこんなことやりたいんです~的な話したら、割と先生もまわりも「おもしろそ~!いいじゃん」みたいな感じで嬉しかった

 

・友達から、いい意味で「変わってないね」って言われた。(多分いい意味、多分)

 

・文の推敲をしてもらったとき、返信かえってこないな~と思ってたら、「探したんだけど、直すとこがない!」って言ってもらえたこと

 

残念だったこと

・なかなか殻を破れない

・周りの人間が優秀すぎて落ち込む…

・間食をしてしまった

華金だし、ゲームしたかったのにできなかった涙

6/7

リスク管理ができないので、バックアップも消えた~~というわけでこれを書いてるのは2回目です😢

 

6/7

・とても刺激になることがありました。負けたくないって気持ちが強くなりました……精進あるのみやな~~これから何をしていくのかが大切だなと思いました。流され流され生きていくのではだめだな~~

 

・親が早めに寝たので、ひそかに夜中に弟とコンビニいってカップラーメン買ってきて、わいわい言いながら食べたのがめちゃくちゃ楽しかったです!!!!!体に悪いと分かってはいるけど、このギルティ感がすっごい楽しい!平成最後の夏なのでやりたいことやらなきゃですね!こんなのがやりたいことだから精神年齢低いとか言われんだよな!ワハハ

 

・親に熱心にハイステの(私的)伝説の千秋楽の話をしてて、珍しくちゃんと聞いてくれてのが嬉しかったです。前も書いたかもだけど、達成影山くんがめちゃくちゃかっこよくて影山くんがそのままでてきちゃったみたいなビジュアルで、それに惹かれて観に行きました。もちろんセッター陣はみんなめちゃくちゃよかったけど、烏野のキャストさんが全体的に本当~~にめちゃくちゃよくて、特に日向くんやってた須賀くん!みたことあると思ったらAlwaysの子役の!須賀くんが本当に日向くんですごくて、ダンスにも演技にもめちゃくちゃ感動してわんわん泣いたって話です。世間では賛否両論らしくてびっくりしたんですけど、これについてもいつかちゃんと記事かきたいです。今までの人生で一番感動した2.5次元舞台でした。

 

もやったこと

・先輩の微妙な一言(笑)

 

・テラリンが発売してめちゃくちゃTLが賑わってるけど、テラをクリアできてなくて、テラにそこまで思い入れがないからか、全然波に乗れない……Fate1年以上はまってて珍しく長続きしたジャンルだったけど、派生多すぎて追えないので、ここらへんが潮時なのかなと思ったり…はまれるもんならはまっていたいんだけどね

 

・Hulに無料登録してコナン電車のなかでみよ~~~~っておもったらHuluってダウンロードできないんだ?!???!!ってなった……ダウンロードできなかったらなんの意味もなくないですか?!?!(暴論)だから私はNetflix派……

 

6/6

・母が風邪で寝込んだので自分なりに色々と家事をやっていたのだが、足りないところばかり指摘されて、つい家事をやるために家にいるわけじゃないと怒ってしまった。母は色々なことを犠牲にして家事をしてくれているのに、申し訳なくなった

 

・レスポンスを早くしたいけど、気が乗らないと早くできない。当たり前にやらなきゃいけないのに、できない。


・ちゃんと流行りに乗りたいけど、心がついてこない。飽き性がすぎるからか、どこにも所属できない。これを買わないとファンじゃない、これをみないとファンじゃない、って考えていくと、買うものも見るものも多すぎるし、それを全てこなすモチベが今はない


・なんか心が狭くなってる?優しくなれない。優しくあろうとしてるけど、結局それは見返りがほしいからなのかな?分からない……小さな縁を大切にできない。変わりたいのに、変わろうとするのは本来新たな一歩を踏み出すような爽やかな行為のはずなのに、めんどくさくて、どうでもよくて仕方ない。なんでなんだよ


よかったこと・できたこと

・新たなジャンルにはまりそうで個人的にはめちゃくちゃ楽しい

・家事をしたこと

・自省の時間を作れたこと

・お茶が美味しい

・部屋がきれい


今日のまとめ

暇になるとSNSみるのやめる!

就活でも、ペンは剣より

就活してるんですけど、もうすでに疲れてきた…

自分が何をしたいのかよくわからなくなってくるな

 

今の楽しみは、ヒプノシスマイクの曲を聴くことです笑

youtu.be

 

や~~オト○○○にはいろいろ募る思いがあるので、

これがTLを埋め始めたときも(私ははまらんぞ~)と思ってたんですけど、

こういう精神的にキテるときって、なんかもう「強い...」ってものに魅かれてしまうんですよね

youtu.be

↑このバトルのやつ好き

 

youtu.be

 

↑これで池袋がすごい気になりだしたやつ!

 

いや~~すごくないっすか?!強いよ…

ダンスやってた身としてさあ、こういう音楽がオタク界隈でてるっていうのもすごいなあって思うというか、踊れんじゃん…

なんでも吸い込んでコンテンツにしていくバイタリティー好きだなアア

オタク最高じゃん...

 

こうやって人を元気にするような仕事がしたいんだけどな。。。笑

気分アゲ↑て頑張るゾォ~☆(ァーィ☝)笑

 

 

思いもよらぬ

人から元気をもらうことがある

 

今日、留学先で出したレポートが返ってきた

評定がよさめで返ってきたこともそうなんだけど、

先生から「とってくれてありがとう、これからも頑張ってね」なる旨の

メッセージが入っていて、なんかうるうるしてしまった

 

私は人から自分がどう思われているかについて、低く見積もってしまうことが多い

つまり

嫌われている、好かれてはいないと思い込んでいることが多い

(だから初対面の人の方が付き合うのが得意。

付き合いが深くなるほど、好きではないだろうと思い込んでしまう)

 

これは、嫌われていた時に傷つかないための自己防衛だと思うんだけど、

こんなことを繰り返していると、その心構えが無意識の自動領域に入っちゃうですわ

 

で、嫌われているかも=遊びに気軽に誘ったりできない=友達の物理的な減少=友達もいない自分に自己嫌悪=こんな自分好かれるはずがない(冒頭に戻る)てな感じの

負のループがある気がする

 

分かってるので治したいんだけど、習慣化(自動化)したものって治しにくい

毎回ループに気づいたときに、自分を客観視するしかないんだろうな

 

 

で、(本題へ笑)

 

自分が、好かれてもいないし、好かれてないなら切り捨てていいしってバッサリしてきた人間関係の中にも、実は自分を気にかけてくれてたり、好きでいてくれたりする人がいるということに、このメールで気づかされたというか

別に先生は、私のことが好きでこういうメール送ってきたんじゃないけど、労いとかありがとうって気持ち、あなたの努力や姿勢はつたわってましたよって、伝えられると嬉しいよね。

みんな意外と私にありがとうって思ってたり、雰囲気好きだなって思ってくれてたりして、たまの会話や機会にポロっと教えてくれたりする

「なんだよ~言ってよ~~」って思って、彼らの存在は私の中で「私のこと好きじゃないかも」から「意外と好きなのかも!?!!?」という位置づけに変わる

超勝手な話なんだけど笑

 

だから

・人の気持ちを勝手に低く見積もって、悲劇のヒロインごっこをしないこと

・自分が相手に労いや好意を感じたのなら、ちょっと恥ずかしいけどストレートに伝えること

 

が重要だなと思いました。

 

先生ありがとう~~朝から元気もらった!

 

 

 

偉そう・になーる

めちゃくちゃ忙しくて、はちゃめちゃに大変だった留学も終えた

なんも書かないうちに終わってしまった笑

 

 

なんだか最近、自分にも他人にも批判的になって、すぐあらを探そうとしてしまう

そして、つい上に立とうとしてしまう

自尊感情を高めたがっている感じ

 

疲れてるのかなと思ってたけど、そういう自分にきづくたびに

自分が嫌な人に思えてきて、

そうすると何故友達が少ないのかとかに辻褄が合ってきて、悲しい

 

偉そうなことを言ってしまうことが多いから、気を付けているはずなのに

気を抜くとすぐボロがでてしまう

だから喋りたくなくなっていく

人と会いたくなくなっていく

 

色んな事を頑張ってきたと思ってきた一方で、逃げてばかりだと思う

勉強は得意と思っていたけど、たいしてそうでもない

私のことが好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌い

 

こんな子供のわがままみたいなことばかり言ってて、大人になれるのかな

大人になれずに落第しそう

 

一言一句に神経張り巡らせてないと変なこと言っちゃいそうなの、疲れたなあ

面白い話製造機みたいになれればよかったのに…